読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/4/27

天から溢れた涙が1つ

流れ星となって地上に降りる時

どこかで「いのち」が産声を上げた

それは歓喜の叫びなのか

はたまた絶望の嘆きなのか

今の私たちには知るよしも無いけれど

その鼓動のように不規則かつ調和的に

胸を打つような「時の旅」をはじめるのだろう

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

広告を非表示にする