読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「 扉 」

「 扉 」
 

かなしいのは君が笑うから

僕のことを思って笑うから

君の温もりばかり受け取って

君の体温が冷えてゆく

そんな結末だけはごめんだよ

 

君のために出来ること

そんな事すら見つからない

ただそばにいるだけでいいなんて

生きてるだけでいいなんて

そんな風に微笑むの 辛いよ

 

何か言ってほしいとか

もっと頼って欲しいとか

言葉にしないとわからない

そんな言葉はよく聞くね

 

君の表情が伝えること

君の奥で鳴っている音

かけがえのない瞬間

ほんの一瞬の出来事

 

君の心を開こうと

君の心に触れようと

誰のための問い その苛立ち

潮が引いてゆく瞬間

 

何のための問い その苛立ち

大切なのは誰のこころ

可愛いのは いつも自分だったね

 

深く知りたい 絡み合う指

もっと深く 溶け合うように

I LOVE YOU 

そんな事も時には大切

 

毎日が君のこころへ続く旅

扉の鍵を探す旅

感じるの君のこと

満たされたいじゃなくて

満たし合いたいね

君のこころに触れたいね

 

何度ども間違えると思うけど

君がそばにいてくれる間は

 

 

 

 


 

 

広告を非表示にする