読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No title

遠くを眺めること

何かを俯瞰して見る事

その一部はきっと

傷つくことを恐れる臆病な心

 

 

距離の取り方ばかりうまくなって

満たされない胸の中

「 勇気 」の2文字を刻むには

時を歩きすぎたかな

 

 

そんなことはいつも

君の中の僕の言い訳で

僕の中の君の戯言で

世界は僕の言葉と定点カメラのような

この瞳が映してる

 

 

膝を抱え うずくまって

誰でもない 自分自身を傷つけて

僕らはきっと 痛みなしでは生きられない

そんな不都合で どうしようもない存在

 

 

それでも 空気を深く吸う

笑ってみせる

声を漏らして涙を流す

絶好調と絶不調を何度だって繰り返して

駄目だなんて笑いながら

何度だって笑顔でいられる君の世界へ 僕の世界へ

 

 

 

 

 

 


広告を非表示にする