読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

《 灯火のようなぬくもり 》

《 灯火のようなぬくもり 》
 

伸ばした手に触れる この風は

キミが 遠いどこかで触れた風だと

握りしめて 胸にぬくもりを包む

 

それでも幸せだから

穏やかでいられるから

 

少しの強がりと

儚く白い息で

悴む指をあたためる

 

理想ばかりが星のように降り注ぐ

この街が

恋う心を加速させる

 

凍てつく夜が

澄んだ月が

冬という季節が・・・

 

 

 

 

広告を非表示にする