読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

・生まれた時、わたしは泣いていました。…

生まれた時、わたしは泣いていました。 明日を夢見て、命は歩き出したのです。 残念ながら、あの時の感情を思い出すことは叶いませんが、 今のわたしも変わらず泣いています。 今もあの日と変わることなく、涙は次なる一歩の証として。 2017/5/14